プリウスが中古車市場に与えたインパクト

世界初の量産ハイブリッド専用車でもある初代プリウスが発売されてから早19年が立とうとしている。

プリウス初期

車を手放す目安としては10年、走行距離10万kmなどと言われており、それを当に超えたプリウスの子孫達がやはり中古車市場でも買取査定依頼は増えているのが現状らしい。

何しろプリウスは原油高のさなかに良く売れた車種だから、登録台数にしても非常に多く、今後続々とプリウスの中古車が市場にどんどん出回ってくる。

初期プリウスでは、ハイブリッドバッテリーは永久保障ってご存じでしたか?

まだ手探りでの販売だったために、一度故障し始めると次々と不具合が起きてくるのが新モデルの宿命でもある。

今はハイブリッドの技術もこなれてきて、他の車種にも搭載されるようになってきたが、何しろ無音でするするっと出発するあの瞬間は忘れがたい体験でもある。

燃費を第一に中古車を選ぶとなると、値段も手頃で供給量も多く、候補に必ず入ってくる車種でもある。

特に、2代目モデルにて採用された、モーターのみの走行が選択可能な「EVモード」や後方カメラの映像上で場所を指定するだけで駐車時のハンドル操作を自動化できる「インテリジェントパーキングアシスト」(世界初搭載)などは話題をひいた記憶がある。

プリウス2代目

他にも横滑り防止機構と電動パワーステアリングを統合制御する「S-VSC」(世界初搭載)、アイドリングストップ中もバッテリーを電源として動作可能な電動インバーターエアコン(車載用として世界初搭載)、キーをポケットに入れたままドアノブに手を掛けるだけでロック解除、そのままブレーキペダルを踏みながらパワースイッチを押すだけでハイブリッドシステムが始動する「スマートエントリー」、イモビライザーなどの最新技術がこれでもかと採用された。

リンク:プリウス買取相場

アルファードモデルチェンジの話

トヨタ自動車 1月26日発表

2015y01m28d_223051133

新型『アルファード』の開発キーワードは「大空間高級サルーン」。高級セダンに引けを取らない上質な乗り心地や優れた走安性を実現するために、リアには新開発のトレーリングウィッシュボーンと呼ばれるダブルウィッシュボーン式のサスペンションが採用された。

多くのミニバンは、室内空間を広げるためリアにはマルチリンク式や車軸式を採用するのが一般的だ。実際に大型ミニバンでは、日産『エルグランド』はマルチリンク式、ホンダ『オデッセイ』は車軸式(FF車)を採用している。

今回“あえて”部品点数が多く室内空間には不利なダブルウィッシュボーン式を採用。

「高級サルーンにふさわしい乗り心地と操縦安定性を両立するために独立懸架にすることで強度的にも有利になり、横方向の力に強くなる

横方向の力に強いというのは具体的にどういうことなのか。吉岡氏によると、横力に強くなることで、運転時の飛び出してしまうかも知れない足下の不安感を、思った通りに曲がるという操作性に変換してくれる。

とにかく今回のモデルの一番のこだわりは豪華なミニバンだ。

最近のトレンドを踏まえ、最新機能を入れつつ、室内空間や操作性、デザイン性にとことんこだわった作りになっている。

 

リンク:アルファード買取査定

衝撃!レンタカーナンバーに「れ」誕生の話題

自分的にちょっと衝撃だった話題。

沖縄県内のことだが、レンタカーで良く使われている「わ」ナンバーの数字が足りなくなり、今年の2月にも新たに「れ」ナンバーが登場する見通しになった。

なんと、全国では先に北海道に続いてのことだそうで、もうあったのね。

そもそもの話、ナンバープレートに大きく表示される4桁の数字は「1」から「9999」まで。ご当地名に続いて小さく書かれている「分類番号」は小型車(5ナンバー)で「500」から「508」までありその中で1万台は登録できる計算になる。一度登録されたナンバーは使えないので,観光地でレンタカーの数が多い場所だと使い切ることがあるそうな。

一説によると、「わ」は「貸し渡し」、「れ」は「レンタカー」に由来するとの説があるが、はっきりしないらしい。

中古車の査定金額

売り時はいつ

自動車売却などのため今所有している車の売却額査定をお願いする前に誰もが、自分が乗っている1BOX車がどのくらいの値段で通常売却できるのかを見てみたいですよね。

現実に買取査定額の見積りを頼む場合は、エコカーや海外の車という様な、車の種類やリリース時期だけに留まらず年式、事故歴その他次第で査定価格も違うものですが実際のところおおよその時価を理解していれば提示された中古車査定金額を確認して売っていいかどうかを判断できますのでクーペの査定額の時価は把握しておきたいものです。

はじめに自動車買取の相場価格くらいは見ておきたいという際にはネット売却額査定が一番手軽でしょう。

ワゴン車の売却額査定を考えていく上でも一緒です。

勿論ですがいくら人気の種類であっても、その自動車の状態が好ましくないならば買取額も相場よりだいぶ悪くなります。

特別な価値がある人気車種の場合でも、使い物にならないようでは査定はまず付かないはずです。

車売却の見積査定の要点として、どこの中古車買取店であっても重要視しているのが自動車の劣化の度合いなのです。

自動車のコンディションの細かい見積もりはネットだけだと不可能ですが、自らお店へ車で行って売却額査定をお願いしなくてもだいたいの査定金額相場を知ることができます。

サイトで自動車の売却額査定調査をお願いすれば簡単に売値査定価格の概算を算出してくれますので、自動車を売りに出す必要がある時にかなり参考になるのではないでしょうか。

店で実際に買取査定を頼む以前に、一旦おおよその査定相場を知りたい、と思ったら、一度は見てみましょう。

車買取査定

ガリバーやラビットなどの中古車買取専門業者のHPでインターネット買取査定は可能ですがそこで一括査定サイトを利用するのが良いと思います。

一括査定のサービスとしてカービューがおすすめです。

一回、住んでいる場所や車の種類、年式といった項目を入力することで条件のよい業者数社にまとめて査定を頼むことができます。

いくつか見比べるとより相場価格を知ることができます。

 

エルグランドの売り時

http://xn--ickq9e1fi4c2082bo8m4i0a2n5f.net/

自動車乗り換え

車売り時

自動車乗り換えなどのためにあるマイカーの見積もりを頼むより前に誰でも自らの自動車がどのくらいの額で一般的に売却できるのかつまり中古車売買料金の相場を知っておきたいですよね。

現実売値査定額の概算を算出をお願いするときはクーペや海外の車といった、自動車の車種や年式はもちろんとして、年式、状態などの要素によって査定価格も違うのが普通ですが、それでもある程度の時価というものを理解していれば、提示された自動車買取額を確認して妥当かどうか判断できますからハイブリッドカー査定額の相場価格というのは知っておいたほうがいいでしょう。

まず査定の相場というものを見ておきたいという際にはインターネット査定が最も効率的と考えられます。

スポーツカーの売却額査定考慮する中でも一緒です。

勿論ですがどれだけ人気があるブランドだとしても車の状態が良くないならば、売却額も市価よりかなり悪くなります。

特別な価値がある人気車の場合でも、動かなければ価格はまず付かないと考えてよいです。

自動車買取の買取査定の注意点でどの車買い取り専門業者であっても重く見ているポイントが自動車の劣化の度合いでしょう。

車の状態の詳しい精査はインターネット上だけでは不可能ですが、こちらからお店まで自分の車を使って買取査定をしてもらわなくても概算の査定額相場を知ることができます。

手軽に買取査定の見積りをお願いすれば、たいした時間も掛からず査定額の算出をしますので、自動車を買取査定に出す時にかなり参考になるのではないかと思います。

お店で売却額査定するより前に、一旦おおよその市価を知りたい、という場合には一度はやってみましょう。

ガリバーやラビットといった中古車買取専門業者のホームページでネット査定は頼むことができますがそこで一括見積サイトを使うのが良いと思います。

一括査定ができるネットサービスとして評判がいいのはカービューです。

一度だけ住む地域やメーカー、年式といった項目を入れれば好条件の自動車買取業者数社に一括して買取査定をしてもらうことが可能です。

何社か見比べると、さらに時価というものが見ることができます。

 

 

 

フィット売り時はこちら

http://xn--nbk6b2eua6d6572awnghs0ep5zb.com/

車買取料金の相場価格

kouzou

車の売却のため、ある車の売却額査定を依頼する事をする前に皆自分のスポーツカーはどれほどの価格で基本的に買取されるのか、という車買取料金の相場価格を知っておきたいはずです。

実際に、売却額査定価格の見積りを依頼する場合にはクーペや海外の車といった車の種類や年式は当然ですが、今までの走行距離や車の状態などによって見積額も違ってはくるのが普通ですが、実際のところあるていど売却相場がどれくらいかを理解していれば、提示された自動車買取額を見た時に妥当かどうか吟味することが可能ですのでハイブリッドカー売却額の市価くらいは知識をしてもっておきたいものです。

はじめに車買取の市価というのを見ておきたいという際にはサイトでの査定が最も効率的と考えられます。

ミニバンの売却相場考えていく上でも同様で、勿論ですが、どれほど人気がある車でも車の状態が好ましくないケースでは査定額も時価より相当低くなります。

特別な価値がある人気車種の場合でも動かなければ査定額はほとんど出してくれないと考えてよいはずです。

中古車売却の査定の注意点としてどのような車買取業者であっても重視しているポイントがその車の劣化の度合いだと思います。

車の状態の細かな査定はネットではすることはできませんが、わざわざ店頭へ車で行って見積もりをすることなくだいたいの査定価格相場を知ることができます。

手軽に査定見積りをお願いすれば、簡易的に売却相場価格を概算見積りしてくれますので査定に出す車を売る必要がある際などに基準になるだろうと思います。

専門業者で実際買取査定をお願いする以前にまずはおおよその市価を知りたいという場合には、まずは見てみましょう。

ガリバーやラビットなど車買取会社のホームページでオンライン査定はすることができますがそんな中で一括査定ページの利用が便利です。

一括査定ができるサービスとして最もおすすめできるのはカービューです。

一度だけ自分の住む地域やメーカー、年式その他の条件を入れれば、好条件の専門業者数社にまとめて見積もりを頼むことができます。

数社を比較するとより時価が把握できます。

アルファード売り時 → http://proctor-cars.com/

オートサロン2015

もはやベース車両が判別できないほどの見事な改造車がいくつもあった。

私の大好きなランエボも最終進化形のランサーエボリューションX Final Conceptが出ていたし。

車改造車

東京オートサロンは、元々東京エキサイティングカーショーとしてはじまったが、1987年の第5回からは「東京オートサロン」に名称を変更し、会場も晴海から有明、そして幕張メッセと開催場所を変え、年々規模を拡大している。

近年ではその注目度の高さからか自動車メーカーも積極的に出展し、オートサロンに合わせて新車発表を行なったり、各種パーツの展示販売や、レーシングマシンのデモラン、avexライブステージ、キャンギャルの撮影会を開催するなどしている。
世界最大級のカスタムカーイベントとして開催される、カスタマー垂涎のイベントである。

すでに来年の日程も発表されており、年々その規模が拡大している。

中古車を何回も乗り換えた結果

中古車

私は今までに何回も中古車を買い替えてきた。ずーっと同じ車に乗っていると、愛着もわくし、ドレスアップもして使い勝手が良かったりと、中々車を手放すことが惜しいのだが、いずれ買い替えの時期がやって来ることはどうしても避けられない。

私は車の乗り換えの際にも新しい車を購入したりはせず、中古車の中から選ぶようにしている。

これには理由があって、なぜなら新車は乗ったその次の日から価値が落ちてしまうからだ。その点、中古車は一番費用対効果が悪い時期を前オーナーが乗ってくれて、費用対効果が良い期間を私が乗れるのでかなりお得だと言えよう。

そんな経験から、車の手放し方に詳しくなったり、より高値で買い取ってもらうテクニックを磨くこととなった。何も考えずに車の乗り換えをしている人たちは、無駄に高い新車を購入するばかりか、あろうことに車の買取においてもメーカーのディーラーにそのまま下取りしてもらうケースも少なくない。

車を売る場合は、複数の業者に見積もりを取り、一番高値で買ってくれるところに売ることが鉄則である。せっかく高く買ってくれる業者がいるにもかかわらず、わざわざ安い価格で下取りするディーラーに渡してしまうのはあまりにもったいない。

車の査定とは、愛車に対して適正な評価をすることである。今までの乗り方や、傷の有無などを総合的に判断してもらう重要な場面を、ディーラーの言い値で許してしまうところがおろかであると言えよう。

もしも高値での買取を望のなら、中古車査定士のいくつかのポイントをお教えしましょう。ボディカラーは査定金額を大きく左右するもので、人気のある色ほど査定金額が高くなる傾向にあるので押さえておきたい。

内装、外装のキズ、汚れアンテナの破損なども重要なポイントである。座席シートやフロアマットなどの内装の汚れは特に目を光らせている大事なところ。出来れば新車とまではいかなくても、近いくらいまでには綺麗にしておきたいものだ。査定に出す前にはきちんと掃除をしよう。中古車査定しも人間だ。心理的に綺麗な車には丁寧に乗っていたという印象を持ってくれるだろう。それだけで数万円の違いを生むことを忘れてはならない。

走行距離も高値で売るポイント。10万kmオーバーの車は高値がつきにくいのは仕方の無いところ。でも例外はある。ここら辺は距離を走ってる車よりも少ないほうが良いに決まっている。

他には目に見えない部分でエンジンルーム内だとか車の下回りの状態やタイヤ、ホイールの状態も良いほうが査定には有利である。これらの注意点を踏まえた上で、複数の車買取業者に見積もりを取る。多ければ多い方が良い。さらには口コミも利用して小さな業者にももれなく見積もりを取れば、1社くらいは他社に抜きんでた高値をつけてくれるだろう。ここを面倒がってはいけない。日給で数十万円違ってくるポイントだ。

 

こうして、中古車を何回も乗り換えた結果、わらしべ長者ではないが、あまり費用をかけずに好きな車をとっかえひっかえしている。すごい時は、中古車で買った値段よりも買い取り価格で高値がついたこともある。あの時はまじでびびった。