車を売る前に知っておきたいこと

車を販売する場合に、少しでも高く販売したいと考えるならば、様々な会社に査定をして頂いてから売ることを決めた方が良いと思われます。

なぜならば、その会社によって査定金額及び、条件などが違うことが多いからです。

後で後悔しないように、いくつかの査定を受けるようにするのを勧めます。

 

車査定にするか下取りにするかを考えた場合、下取りの方がお得なのかと感じている方もいらっしゃると思います。

確かに、下取りにすると今までの愛車を使い新車を値段を安くして購入できますし、買取手続きと購入手続きを分けることなく一度で申し込むことが出来るので便利です。

しかし、売上価格を一番に考えるとすると、車査定の方が断然お得になります。

中古車の査定、買取に出す際車を高く売るために大切なポイントは、自身の車の相場を正しく知っておくことです。

車の相場がわかっていれば、ひたすら安く売却することも防げますし、自信を持って価格交渉も可能です。

車の相場を正しく知るには、インターネットで、一括査定を受けて、複数の買取会社に査定をしてもらうのが簡単な方法だと思います。

2~3年前のことになりますが、車の買い替えを考えた際、より高い値段で買い取ってもらえる業者を調べていたことがあります。

その際は、情報収集の方法としてインターネットで車の査定価格を詳しく研究した上で、車一括買取サイトで買取を申し込みました。

考えていたよりも安い金額の提示が多かったのですが、車の査定相場は時期によっても少し変動するようです。

 

車の下取りで気をつけるべき事は、自動車税にまつわることです。これについては、販売店により異なるようです。通常、ちゃんと説明してくれるはずです。実際、排気量が大きめの車では、数万円となるため、軽んじてはなりません。

逆に、軽自動車だと数千円のことですから、そんなに気にしなくてもいいでしょう。

動かない車でも、業者を選ぶことで、売るのが可能です。不動車でも買取をしてもらえるところに査定をお願いしてみてください。

動かない車には価値がないと思いがちですが、修理をすることで動くこともありますし、パーツや鉄には価値があります。

廃車を選択してしまうと、料金がかかりますから、売るのをオススメします。

中古車を取扱う業者にとって二重査定制度は好都合な制度ですが、利用者にはかなり不利となります。

悪質業者にかかると、二重査定という制度を巧みに使って、かなり査定額を下げるリスクもあります。

二重査定制度の問題を避けるためにも、契約を行う前に契約書にしっかり目を通すこと、大切なのは査定時に車の状態を正確に伝えることです。

車査定は中古車市場の人気や流行に大きく影響されるので、高評価の車であればあるほど高い価格で売却が出来ます。

おまけに、プラスの部分をどんどん点数を加えていく査定の方法を採用している業者も多く、高い値段で売ることが出来る確率が高いです。

そういったことで、下取りよりも車査定業者での売却を検討したほうが良いといえます。

 

出張して査定してくれるサービスを利用せずに査定を依頼しに店舗へ直接行ってもいいのですが、大部分の業者の出張査定は全部無料とのことですから、利用したいという人も多いかもしれません。

自分で買取業者の店まで行かなくても良いというのは、ポイントが高いですが、無料で来てもらったのに買取を断るのは忍びないと思う人もいます。

新しい年式のものほど査定の値段が上がってきますし、グレードも高級なものほど査定額もアップすることでしょう。

査定の時にはボディカラーもチェックされるポイントで、無難な白黒、そしてシルバーなどが人気です。車を買うときには、やがて売ることを考えて評判の高そうな色の車を購入するというのもありかもしれません。

車の買い替えをするなら、何とか少しでも高額に買い取ってくれればありがたいものです。

買い手側との取引で、「その時点で納車できる」ということは、売る側に優位性があるようです。

そのため、検証の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書も持っていくことを提案します。

0-43

 

車を売りたいと思い立った場合、大変便利に使えるのが一括査定サイトです。

しかし一括査定を申し込むと、業者からの営業電話はしばらくひっきりなしですし同じくメールの方も届くようになる、ということを知っておきましょう。

これを避けたいなら着信拒否機能を活用できるよう一括査定申し込みシートに携帯番号だけを書いておき、今回限りの捨てアドをメール欄に入れると良いです。

車を売りたいと思っている方に、少しでも参考になれば幸いです。

車の一括査定と下取り

中古車専門業者のところに持って行くと、買取の申し入れをすることができます。
申し入れる時は、お店によって買取金額が違うことに警戒が必要です。
それぞれの業者を比べてみることで、高額査定を得ることができます。
今、住んでいるところは古い港町です。

窓を覗けば海が見渡せて、夏には気持ちのいい潮風が吹き、なかなか快適な暮らしではあるのですが、困るのは潮風で車がボロボロに傷んでしまいます。

車でドライブ
車でドライブ

 

以前住んでいた山ばかりの場所では、車にこんなに錆が出てボロボロなんてことはおそらくなかったことです。
今の愛車は車下取りに出してしまって、新しく次の車を手に入れたいです。
車を手放す際には個人売買よりも、車の査定をお願いした方が、推奨できます。
個人売買よりも車査定で売った方がより高値で売却できることがほとんどでしょう。
マニア受けするような滅多に見られない車だと個人で売るのも良いかもしれませんが、それ以外の車の場合には車査定で買取をしてもらった方が絶対に高く売れます。
引越しにより駐車場の場所が確保が出来なくて、車に乗る機会も無かったこともあり、思い切って車を売却することに決めました。
しかし、いざ車を売るとなると、どのような、手続きが必要になるのか分からず気がかりでしたが、買取業者の担当の方が親切だったので、結構、さくさくと取引が出来ました。
近いうちに車の買い換えを考えていて、今使用している車を売ろうと考えていた矢先、友達から一括査定について教わりました。
数社の買取業者から一回の申し込みで見積もりをもらえて、好条件の会社を自分で選定することができるなんて、せわしなく時間が作れない私にとっては、大変便利です。
ぜひ一括査定を使いこなそうと思っています。
自分の車を多少なりとも高額に売却するにはどんな点に注意すべきでしょうか。
まずネットの一括査定を試して複数の業者の査定を受けてみるのが賢い方法と考えられています。
あとは、査定を受ける前に洗車をしっかりとして車をキレイにしておくことも大事です。
外の部分だけでなく、車内もちゃんと掃除しておきましょう。
車の売却する折、ディーラーに下取りを頼むのと、査定業者に売却するのは、どっちがお得でしょうか。
最近は、一括査定などを使って、査定買取業者に売却する人が増加しています。
しかし、常に買取業者の方がいい選択だとは限りません。
例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンの際などはディーラーの方がいいこともあります。
車を取引するにあたっては、いろいろな出費がついてくることに覚えておきましょう。
車の買取を業者に依頼した際でも、手数料を払う必要があります。
業者と取引するときは、車本体の買取金額以外に、いくらの手数料がかかるのかも予め認識しておくのが良いしょう。
車を手放そうと考えた時に買取と下取りで迷った場合どうしたらいいかというと、高く売ることを考えているなら買取です。
下取りは買取より安く手放すはめになるでしょう。
下取りだと評価されなかった部分が買取ならプラスになる場合もあります。
特に事故車両を売りたい時は、下取りを選ぶと評価が非常に低く、廃車費用の請求をされることもあります。
車を査定するときはトラブルも起こりやすいので、注意が必要となります。
オンライン査定の金額と実車査定の金額がずいぶん違うたびたびあるケースです。
こういった問題が生じることは珍しいわけではありませんから、納得できない買取りはやめましょう。
売買契約を結んでしまった後だとキャンセルがきかなくなるので、検討する際は慎重になってください。
車検切れの車は査定を申し込めるかどうかですがまったく問題なく査定は受けられますが、車検を通っていない車は公道走行不可ですから、出張査定を受けることになります。
車検を通して売却を試みようとするよりかは、車検は通さないまま買い取ってもらう方が、車検代を考えると相当お得なはずですので、さっくりと出張査定を受けることに決めてしまいましょう。
もちろんこういう出張査定も一社からではなく複数のところから受けておくとより良い結果につながるでしょう。
前、乗ってた中古車の買い取りを依頼する時に用心しておかなくてはいけないのは、悪徳業者との取引を行わないことです。
誰もが知っているような会社なら問題はありませんが、他に支店のないようなお店は、気を付けなくてはいけません。
知らず知らずにでも、悪徳業者と売り買いしてしまうと、車を渡したのにもかかわらず、代金はもらえないという場合もあります。
下取りにより車を引き取ってもらう場合には名義変更の手続きが必要になるので、書類をちゃんとそろえとくのが大事なのです。
名義変更の手続きには、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書がいります。
それと、譲渡証明書にハンコを押すために実印も持ってきましょう。
中古車を購入しようとするときに気になってくるのは、年式に付け加えて走行距離になりますよね。
一般的に、中古車の走行距離はというと、1年間で1万kmほどと考えられます。
ですから、10年間乗って10万km走行くらいが一般的なの中古車の走行距離になるということです。
買取業者による車の査定を考える際に覚えておきたいことは、査定は一社のみに任せずいくつかの業者に依頼し、洗車と車内の掃除も行なっておき、必要書類はきちんと準備しておきましょう。
言うまでもないことですが、後々変に話が拗れたりすると困るので、修理歴があることなどは査定に響くからといって黙っておくことはしないで申し出ておきましょう。
もし査定額にどうしても納得できない場合はそこでの売却は断念し、気持ちに逆らって後悔の種を残さないようにします。
車を売却、下取りする際には、いろんな書類が必要なのです。
車検証、1ヶ月以内に発行した印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などがメインで、ほかには実印も用意することが必要です。

 

また、お店にて用意する書類として、譲渡証明書や委任状などもあります。

 

 

実際に来てもらって査定をしなくても、一括見積サイトに乗っている車の情報を入力すると、複数の業者に対して一括でおおよそですが査定金額を提示してもらうことが可能です。

 

 

買取業者に買い取ってもらう良いところは、下取り価格に期待ができることです。
愛車の相場を事前に調査して、損の無いように売りましょう。
使い古した車をディーラーで引き換えに新しい車を購入するという方法もあります。
マイカーを購入する時に購入するディーラーで使用中の車を買い取ってもらうことで、その他大勢の業者よりも高値で引き取ってもらうことが実現できるかもしれません。
また、やるべき手続きも負荷が減ります。
愛用の車を廃車にする時に還付される自動車税ですが、実は車買取に出した場合にも還ってくることをご存知でしょうか。
実際、車を手放すと決めたら、自動車税は残った期間分を返金してもらうことができます。
逆に中古車を購入する際には、次の年度までの期間に合わせて払う必要があるということですね。
価値の高くない車を売るときは車査定で、レアものの車はネットのオークションを利用して売るというのがいいアイデアかもしれません。
ただし、ネットオークションだと個人売買なので、トラブル発生のリスクが高いです。
ローリスクで車を売りたいのであれば、やはり車査定という手段を取る方が無難でしょう。
車の査定、下取りをする際に、ガソリンの残量はどれだけあればよいのか気にする方も存在します。
でも、結論からいえば、大して気にすることはないのです。

 

車の下取りで必要なのは、車の年式をはじめ車種、走行距離、ボディカラー、車の状態などです。
それなので、基本的にガソリンの残りを気にする必要はないといえるのです。
車の下取りの際に注意するべき事は、自動車税に関してのことです。
これについては、販売店により異なるようです。
普通はきちんと説明してくれます。
排気量が多めの車では、数万円になるため、軽視してはいけません。
逆に、軽自動車だと数千円の話であるため、そんなに気にしなくてもいいでしょう。
車を売りたいと思うなら、可能な限り高い値段で買い取ってほしいのが普通ですよね。
それには、数社の査定額を比べた相場表を作りましょう。
車を買い取ってもらう価格は、査定する業者次第で結構、違ってきます。
相場表作成時は、車買取の無料一括査定が可能なサイトが便利です。
たくさんの自動車がありますが、セレナはおなじみの日産が販売している車種の選べますが、ハイブリッド車として有名ですね。
セレナはボディが小型なので、近所でも遠くへドライブするときにも利用しやすいのが素晴らしいです。

 

 

 

広い車内や、燃費のよさも、セレナの素晴らしいところです。
車の査定額は中古車市場での流行に大きく左右されるので、人気の高い車であればあるほど高値で売却することができます。
そこへ持ってきて、良い部分をどんどん点数を加えていく査定の方法を取っていることも多く、高い価格で売ることができる見込みが高いです。

 

 

車査定と下取りを比べてみた結果下取りがベストと思っている方もいらっしゃるでしょうおそらく、下取りだと運転したい車をオキニとして乗って割引いてお持ちする事ができますし、買取手続きも購入手続きも一度に一緒にして行うことができるので都合が良いですでも、簡単に売却価格だけをみると、車査定の方が出費がかさみます。

 

 

乗っている車を売ろうと思ったときは、多くの知識を持っていることが望ましいです。
主に、車税に関しての知識を知っておくことで、手続きを簡単に進められるようになります。
買取業者と話し合う前にわかるようにしておきましょう。
何軒かの中古車業者に愛車の査定をしていただきました。
ガリバーがその中で最も高い買取価格を提示してくれたので、ガリバーに売却することを判断しました。
まずはネットで車査定し、愛車を後日、店舗に持っていったところ、ネットでの査定よりも高い金額を提示されたため、即売却を決意しました。
所有者の異なる車を売るときには、必要な書類はどのようにするのでしょうか。
一般的には車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などの書類を使います。
加えて、名義人の同意書、後、委任状や譲渡証明書なども揃えておく必要があったりします。
愛車を売却するときと比べると、少し面倒でしょう。

 

愛車
愛車

車を売る場合の流れ

名義人の違う車を売る場合は、どういった、必要書類をそろえれば良いのでしょうか。
通常、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類を使います。

 

あとは、所有者の同意書、委任状や譲渡証明書などの書類も揃えておく必要があったりします。

 

愛車を売却するときと比べると、だいぶ面倒だと思います。

 

車査定は市場の人気にもよりますので買い手がつきやすい車であればあるほど満足のいく値段で売ることができますさらに、プラスな点をどんどん加味していく査定方法を起用していることも多く高価格で売却できる可能性も十分にあります上記のことから、下取りよりも車査定のほうがお得と言えます。

 

車を手放す際に、買取にするか下取りにするか、どちらを選んだらいいかというと高値で売りたいと思うなら買取です。

 

下取りにすると買取より安く車とお別れすることになります。

 

下取りだと評価されないところか買取なら評価してもらえることも多いです。

 

特に事故車を売りたい時には、下取りにすると評価が非常に低く、廃車費用を請求されてしまうこともあります。
車の買取アプリを利用すれば、個人情報の入力は不要のため、査定業者から営業されることもありません。

 

ほとんどの場合に、車査定アプリは何度でも無料で利用でき、操作方法も簡単なので、スマートフォンを上手く使いこなせていない方でも心配いりません。

 
スマートフォンをご利用中であれば、車査定アプリを是非お試しください。

 
壊れて動かなくなった車を廃車処分にしようと思うと、費用が数万円かかってしまいますから、故障して動かなくなった車を買い取ってくれる専門の業者を探して買取してもらうのがベストです。

 
ネットで探すと、不動車の買取を専門に扱っている業者があります。

 
自分で廃車処理をするよりも買取してもらうほうがかえって手間がかからなくていいかもしれません。

 
車を売ろうと考えたときに考えておきたいこととして、一旦契約を結んだあとで、買取額を当初より下げられたり、代金を業者がなかなか支払ってくれないといった問題のことです。

 
トラブルに遭って大変な目に遭わないためにも、買い取り業者を選ぶのには慎重になるべきでしょう。

 
また、査定の際にはウソをつくとトラブルの原因となってしまいます。

 
車の買取業者では名義変更などの仕事を代わりに行っているところが多くを占めます。

 
自分だけで名義変更の手続きを行おうとすると平日に運輸支局まで出向かなければいけません。

 
仕事で忙殺されているとなかなか厳しいものがありますが、車の買取業者に頼む場合には、至れりつくせりなので、一安心です。

 
動かない車は買い取りをしてはもらえないのではと思っている人がたくさんおられるようですが、動くことのない車であっても、買取をしてくれる業者はあります。

 
一見、動かない車には価値がないように感じますが、動かなくとも価値はちゃんとあるのです。

 
使用されている部品なんかは再利用ができることですし、鉄でできている車なので、鉄としての価値も十分にあります。

 
軽の車買取で高値で車を売り渡すには、ネットの車一括査定で複数の車買取業者の買取査定を試みるのが適切です。

 
軽自動車は燃費が良くて税コストが安く、メンテナンスコストも安直ですから、お財布にやさしいです。

 
ですので、中古車市場でも受けも良く、価格が下落しにくく高い金額で買取してもらえるのです。

 
いちいち車査定の市場価格を調べるのは煩わしいかもしれませんが、見ておいて損はありません。

 
むしろ、自動車を高く処分したいのであれば、所有車の市場価格を知っておいた方がベターです。

 
なぜなら、相場を掴んでおくことで、営業担当が示した提示額が適切なものかどうか理解できるからです。

 
車を手放そうという時には大抵、買い取ってもらうか下取りに出すかするでしょう。

 
それでは一体どちらを選べばよいのでしょうか。

 
高く売れることを優先するなら、買取一択です。

 
買取の査定と下取りの査定は別物と言って良く、買取の査定の方が価値を高く見る方法を用いています。

 
下取りでは価値のない要素も買取では評価されたりするのです。

 
リサイクル料金が支払済みだという車を下取り、買取してもらう場合には、資金管理料金を除く分が戻ってくるということを初めて知りました。

 
初めて知ったことなので、今からは、買取査定業者に査定を依頼したら、リサイクル料金に関した項目はしっかり確認したいと思っています。

 
いわゆる事故車とは、文字通り事故で壊れた車のことです。

 
正しく修理されていれば事故車がどの車か普通の人にはほとんどわかりません。

 
事故車かどうかを考慮しない方ならほとんど影響を与えない問題ですが、どうしても不安があるという人は中古車を買う場合にはよく調べることが必要です。

 
車の出張査定が無料であるかは、業者のサイトを確かめれば知ることができます。

 
仮に、査定についての情報量が少なくて、その点がどこにも掲載されていないといった場合には、電話を直接かけて確認をしましょう。

 
査定でお金を取られてしまうのはバカらしいことなので、少しばかり、面倒だと思わず事前に確認を取るようにしてください。

 
中古車を買い取ってくれるお店は、以前と比べてあちこちに見られるようになっています

 
中古車を専門業者に買い取ってもらおうとする際は、必ず契約を守るように注意を払わなければなりません。

 
契約を覆すことは、一般的に受け入れられないので、留意しなければなりません。

 
不幸にして事故を起こした車であっても査定を受けることは可能ですが、つけてもらえる査定の金額は低いでしょう。

 
そうはいっても、事故を起こした車ということは隠そうとしたところで専門家である査定員には分かるので、マイナスのイメージになります。

 
事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故車専門の中古車買取業者に査定をお願いするといいと思います。

 
こちらの方がより良い査定額をつけてもらえることも多いです。

 

 

中古車の買取査定を頼んでも買取を断ることが可能です。

 
出張調査決定とは、自分の持っている自動車を売ってお金にしたいと思ったときに、中古車買取ディーラーがいくらぐらいで売れるのかを家まで無料査定来てくれるサービスのことです。

 
査定額が自分の思っていた、相場の金額よりも低いケースには、拒否しても構いません。

 
業者やディーラーに車を引き取ってもらう時名義を変更する手続きが発生するので、きちんと書類を揃えとくのが大切です。

 
名義を変える書類や手続きの時は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書が必要なのです。

 
あと、譲渡証明書に捺印するので実印も用意します。

 

事故にあった車の時は、高額な修理代を支払っても、事故を起こす前と同等のレベルには戻せないこともよくあります。

 

事故で車に衝撃が加わることで、フレームに歪みが生まれてしまうと、完全に修理することが難しい場合もあります。

 

事故車を修理するのにお金を使っても、事故車を専門に買ってくれる業者に売却して、新車を買う方が安全という意味ではいいかもしれません。

 

007

軽自動車vsコンパクトカー

とあるAさんの話。Aさん一家では奥さんの買い物用に、2台目の車の購入を検討している。

Aさんは「コンパクトカーのほうが便利だよ」という。 軽自動車よりも安定感があるし、 小さいがファミリーでも使えるし。最近のは安全性も高まってきているし、 内装が上質なモデルも多いからと。

対してAさんの奥さんは

「軽のほうが安いし、運転も楽。遠出の際はあなたの車で行けばいいし、私はちょっとした買い物とか、近所で使うだけ。私は軽自動車がいい」

と、話し合いは平行線になってしまった。

では実際、軽自動車とコンパクトカーでは、どちらがどの点において優れているのか?

コストから考えれば、断然軽自動車である。

自動車税・重量税・自賠責保険料などの法定費用だけをみて、中古車で購入し、6年乗り、3回車検を受けた場合を例にすると軽自動車の方が約24万円も安い。

しかしながら、確かに安さだけで見ると、コンパクトカーよりも軽自動車の方が安いが、安全性は間違いなくコンパクトカーの方が高い。

また、乗り心地や長距離を運転する際の快適性、多人数を乗せた時の走行性なども間違いなくコンパクトカーの方が高いので、”どこに優先順位を置くか?”によってどっちがお得かと言うのも変わってくる。

一概には言えないが、軽自動車とコンパクトカーのどちらを選ぶかを聞いた場合、私の周りでは男性=コンパクトカー、女性=軽自動車を選ぶ人が多かった。きっと、男性と女性では車を選ぶときのポイントが違うのであろう。

あなたはどちらを選びますか?

 

中古車

軽自動車の人気ランキング

価格.comのランキングによると、軽自動車人気ランキングは

第1位 スズキ ワゴンR

第2位 スズキ ラパン

第3位 スズキ ジムニー

第4位 ダイハツ タント

第5位 ダイハツ ムーヴ

となっています。

軽自動車は小回りが利くので、運転しやすく通勤や買い物に便利です。また、駐車スペースもボディの小さい軽自動車は有利です。

どの車種にするか選ぶときのとっかかりに、まずは人気の車とその特性をチェックするところから始めるのもいいと思います。

私の知り合いの女性は、「とにかく可愛いデザインのがいい!」と、それだけで購入を決めてしまいました。

見た目も重要とは思いますが、乗り心地や使い勝手、安全性、これらを総合的に判断して購入しないと、後の祭りになってしまいます(汗)

買ってから「あのクルマのほうがよかったかなー。」なんてぼやいたりしていました。

(ダカラアレホドイッタノニ・・・)

 

さてここでちょっとクイズです。

軽自動車のナンバープレートは、黄色地に黒字でしょうか。黒地に黄色字でしょうか。

自家用の軽自動車のナンバープレート(車両番号標)の塗色は、黄色地に黒字、事業用の軽自動車のナンバープレート(車両番号標)の塗色は、黒地に黄色字と区別されています。

軽自動車を中古車購入する際、普通車と比べて何が違うのかをいろいろ調べてみると面白いですよ。

プリウス初期

低燃費で人気、トヨタアルファード

低燃費で人気の車種、トヨタアルファード。

燃費 11.6 km/L
車体価格帯
(税抜き)
190.7〜313.7 万円
新車車体価格帯 300〜523.3 万円
排気量 3456 CC
軽自動車全体
平均燃費 13.8 km/L
平均車体価格 35.4 万円〜222.1 万円
1ヶ月に
1000km走ると
ガソリン代は 12931

☆実際に乗っている方の口コミをみると・・・

・高級感がいい

・乗り心地が抜群

・燃費がいい。ミニバンながら、平均燃費で1リッターあたり10キロは出ている

・販売店の方に勧められ、結果として買って正解だった

・後席の優雅な乗り心地がとてもよい

など、満足感が高いようです。

ちなみに、アルファードの名前の由来は

ALPHARDは「星座の中で最も明るい星」を意味するギリシャ語のα(alpha)に由来する造語。
G:Grand(大きい、雄大)
V:Victory(勝利)

だそうです。

エコなハイブリッドカー

ハイブリッド(hybrid)とは日本語で「混合」、「組み合わさった」という意味で、ガソリンで動く「エンジン」と電気で動く「モーター」という複数の動力が搭載されていることから「ハイブリッドカー」と呼ばれています。

ガソリン車のエンジンは低速度の時には燃費の効率が悪いために、ハイブリッドカーは電気で動くモーターを使って加速し、燃費が良い速度になったときにガソリンで動くエンジンに切り替えて走行します。

この仕組みによって従来のガソリン車に比べて燃費が向上するので、走行環境によってはCO2の量、排気ガスの量ともに抑えることができるのです。

排出(はいしゅつ)ガスや使うガソリンの量を減らせるので、家計にも環境にも優しい車といえるでしょう。

しかし、ハイブリッドカーの中にも燃費がいい、悪いは当然あります。一例をあげると・・・

アクア                37.0㎞/L

プリウス(現型)            35.5㎞/L

プリウスアルファ            31.0㎞/L

ハリアーハイブリッド(前型)       17.8㎞/L

エスティマハイブリッド        20.0㎞/L

インサイト(現型)           31.0㎞/L

いかがでしょうか。随分差がありますよね。

中古車選びの際は、予算に応じてハイブリッドカーを検討してみてはどうでしょうか。

よい中古車販売店をさがすには

購入する車が決定したところで、いざ販売店へ。ところが・・・

×営業マンの印象が悪い

×展示車が汚れている

×周辺での評判がよくない

×説明不足で余計にお金がかかる

などがあった場合、せっかく買っても後味の悪い結果となってしまいます。

大事なのは、中古車は新車と違い、同じ車種であっても状態が全く違います。整備が行き届いているか、傷はないか、事故車か否かはパッと見ただけでは素人目にはわかりません。

なので、信頼のできる販売店・営業マンを選びたいものです。

①販売スタッフの挨拶・笑顔・人柄を観察しよう

やはり人間対人間のやり取りですから、気持ちよく買い物がしたいですすね。

②お店の隅々や展示車に汚れがないか、雑然としていないか

トイレなども借りてみて、隅々まで清掃が行き届いていれば車の整備の状態も悪くはないでしょう

③デメリットをきちんと話してくれるか

「価格は安いが走行距離が長い」 「新車に近いが事故車」など、買った後で分かって気分を害さないように、あらかじめデメリットを聞いておきたいです。 管理人はマンション選びの際、悪徳不動産業者?につかまってしまい、事故物件に近いようなところに住んでしまったことがあります。いくら安くても、これでは快適な生活は送れませんね。

私は「中古車には魂が存在する」と思っています。前のオーナーが大事に乗っていたか、荒く乗っていたかによって車も状態が変わってきます。それは見た目だけでは判断できないことのほうが多いので、どのお店の誰から買うか、が非常に重要です。安心して購入できるよう、事前に情報を仕入れておきましょう。

中古車

任意保険は入るべき?

中古車購入の際、維持費などを考えて「自賠責保険だけでもいいか」と思う人もいるかもしれないですが、以下の点について考えてみたい。

自賠責保険(強制保険)では、補償金額が例えば事故を起こして相手を死亡させた場合、被害者1名につき最大3000万円までとなっている。

死亡 3,000万円
ケガ 120万円
後遺障害 後遺障害の程度に応じた等級によって75万円~4,000万円

数億円という賠償金額になることもあり、また対物補償がないので、事故で相手の車や電柱を壊した場合、その費用はすべて自腹となる。

事故は予測不可能であり、事故を起こさない保証はどこにもない。万一起きてしまった場合に備えることは当たり前なのだ。もはやガソリン代と同様、任意保険の加入は車に乗るための必要な経費と言えよう。

車両保険の保証範囲を見直しなどで、金額を安く抑えることもできる。

任意保険は、比較するだけで5万円以上安くなる場合があり、インターネットでは21社一括見積りなどのサイトもある。

インターネットによる見積もりサービスも積極的に活用し、楽しく安全なカーライフを送りたいですね。

中古車任意保険

中古車の価格はどうやって決まるか?

中古車価格

中古車の価格の決め方は、おおよそ次の通りです。走行距離、年式やキズの有無、装備の充実具合、ボディの色など総合して、中古車販売店の判断で値段が決められます。

新車に近い状態の車であれば値段が高いのは当然ですし、また、同車種の場合でも人気の色や装備の有無によっても価格差が生じます。

誰もが買いたくなるような人気の車は、やはりいい値段になってしまいます。

そこで、予算内に収められるように以下の項目を検討しながら車を選んでみてください。

1)ボディの色は、白や黒を避けて選ぶ

2)純正カーナビなど、装備にあまりこだわらない→カー用品店での購入を検討

3)旧型になった途端に値崩れするので、フルモデルチェンジ情報をチェック

4)車検の残り年数をチェック→車検を前に買い替える人が多い

5)走行距離5万km以上がお買い得

6)燃費などのトータルコストも考える

7)他メーカーの同一車種、同一カラーも比較検討

 

これらを比較検討するだけで、50万円以上の価格差が出ることもありますので、いい買い物をしたと思えるように、慎重に車を選びたいですね。