アルファードモデルチェンジの話

トヨタ自動車 1月26日発表

2015y01m28d_223051133

新型『アルファード』の開発キーワードは「大空間高級サルーン」。高級セダンに引けを取らない上質な乗り心地や優れた走安性を実現するために、リアには新開発のトレーリングウィッシュボーンと呼ばれるダブルウィッシュボーン式のサスペンションが採用された。

多くのミニバンは、室内空間を広げるためリアにはマルチリンク式や車軸式を採用するのが一般的だ。実際に大型ミニバンでは、日産『エルグランド』はマルチリンク式、ホンダ『オデッセイ』は車軸式(FF車)を採用している。

今回“あえて”部品点数が多く室内空間には不利なダブルウィッシュボーン式を採用。

「高級サルーンにふさわしい乗り心地と操縦安定性を両立するために独立懸架にすることで強度的にも有利になり、横方向の力に強くなる

横方向の力に強いというのは具体的にどういうことなのか。吉岡氏によると、横力に強くなることで、運転時の飛び出してしまうかも知れない足下の不安感を、思った通りに曲がるという操作性に変換してくれる。

とにかく今回のモデルの一番のこだわりは豪華なミニバンだ。

最近のトレンドを踏まえ、最新機能を入れつつ、室内空間や操作性、デザイン性にとことんこだわった作りになっている。

 

リンク:アルファード買取査定