中古車の価格はどうやって決まるか?

中古車価格

中古車の価格の決め方は、おおよそ次の通りです。走行距離、年式やキズの有無、装備の充実具合、ボディの色など総合して、中古車販売店の判断で値段が決められます。

新車に近い状態の車であれば値段が高いのは当然ですし、また、同車種の場合でも人気の色や装備の有無によっても価格差が生じます。

誰もが買いたくなるような人気の車は、やはりいい値段になってしまいます。

そこで、予算内に収められるように以下の項目を検討しながら車を選んでみてください。

1)ボディの色は、白や黒を避けて選ぶ

2)純正カーナビなど、装備にあまりこだわらない→カー用品店での購入を検討

3)旧型になった途端に値崩れするので、フルモデルチェンジ情報をチェック

4)車検の残り年数をチェック→車検を前に買い替える人が多い

5)走行距離5万km以上がお買い得

6)燃費などのトータルコストも考える

7)他メーカーの同一車種、同一カラーも比較検討

 

これらを比較検討するだけで、50万円以上の価格差が出ることもありますので、いい買い物をしたと思えるように、慎重に車を選びたいですね。