よい中古車販売店をさがすには

購入する車が決定したところで、いざ販売店へ。ところが・・・

×営業マンの印象が悪い

×展示車が汚れている

×周辺での評判がよくない

×説明不足で余計にお金がかかる

などがあった場合、せっかく買っても後味の悪い結果となってしまいます。

大事なのは、中古車は新車と違い、同じ車種であっても状態が全く違います。整備が行き届いているか、傷はないか、事故車か否かはパッと見ただけでは素人目にはわかりません。

なので、信頼のできる販売店・営業マンを選びたいものです。

①販売スタッフの挨拶・笑顔・人柄を観察しよう

やはり人間対人間のやり取りですから、気持ちよく買い物がしたいですすね。

②お店の隅々や展示車に汚れがないか、雑然としていないか

トイレなども借りてみて、隅々まで清掃が行き届いていれば車の整備の状態も悪くはないでしょう

③デメリットをきちんと話してくれるか

「価格は安いが走行距離が長い」 「新車に近いが事故車」など、買った後で分かって気分を害さないように、あらかじめデメリットを聞いておきたいです。 管理人はマンション選びの際、悪徳不動産業者?につかまってしまい、事故物件に近いようなところに住んでしまったことがあります。いくら安くても、これでは快適な生活は送れませんね。

私は「中古車には魂が存在する」と思っています。前のオーナーが大事に乗っていたか、荒く乗っていたかによって車も状態が変わってきます。それは見た目だけでは判断できないことのほうが多いので、どのお店の誰から買うか、が非常に重要です。安心して購入できるよう、事前に情報を仕入れておきましょう。

中古車