軽自動車vsコンパクトカー

とあるAさんの話。Aさん一家では奥さんの買い物用に、2台目の車の購入を検討している。

Aさんは「コンパクトカーのほうが便利だよ」という。 軽自動車よりも安定感があるし、 小さいがファミリーでも使えるし。最近のは安全性も高まってきているし、 内装が上質なモデルも多いからと。

対してAさんの奥さんは

「軽のほうが安いし、運転も楽。遠出の際はあなたの車で行けばいいし、私はちょっとした買い物とか、近所で使うだけ。私は軽自動車がいい」

と、話し合いは平行線になってしまった。

では実際、軽自動車とコンパクトカーでは、どちらがどの点において優れているのか?

コストから考えれば、断然軽自動車である。

自動車税・重量税・自賠責保険料などの法定費用だけをみて、中古車で購入し、6年乗り、3回車検を受けた場合を例にすると軽自動車の方が約24万円も安い。

しかしながら、確かに安さだけで見ると、コンパクトカーよりも軽自動車の方が安いが、安全性は間違いなくコンパクトカーの方が高い。

また、乗り心地や長距離を運転する際の快適性、多人数を乗せた時の走行性なども間違いなくコンパクトカーの方が高いので、”どこに優先順位を置くか?”によってどっちがお得かと言うのも変わってくる。

一概には言えないが、軽自動車とコンパクトカーのどちらを選ぶかを聞いた場合、私の周りでは男性=コンパクトカー、女性=軽自動車を選ぶ人が多かった。きっと、男性と女性では車を選ぶときのポイントが違うのであろう。

あなたはどちらを選びますか?

 

中古車